メインコンテンツに移動

教員紹介


伊藤 陽一

Yoichi, M. Ito


自己紹介

臨床統計学分野 准教授の伊藤陽一です。
専門は生物統計学で、臨床試験のデザインと解析、健康関連QOLデータの解析、マイクロアレイデータの解析を専門としています。
統計解析コンサルテーションの経験が12年以上あり、最も得意とするところです。
2009年より医薬品医療機器総合機構(PMDA)の専門委員をしております。
http://www.pmda.go.jp/guide/jyohokokai/expert.html
この仕事は、PMDAが主に製薬企業の申請に対して指摘事項という疑義照会をする際に、PMDAの考え方が妥当かどうかを、外部の視点でチェックするというものです。
新薬審査の質の向上に貢献できる重要な仕事だと思っております。
学会での活動としては、主に日本計量生物学会で活動しております。本年度は東日本の評議員となっています。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jbs/about/organization.html
現在、新しい研究領域として、臨床試験データ管理学を考えています。
研究の方向性としては、臨床試験のデータ管理における一連の業務をプロセスに分解するということ。分解したプロセスの効率を評価すること。効率を改善する方法を考えること。
改善の程度を効率という観点で評価することを考えています。
上記の改善を行うために、トヨタ生産方式やSix Sigma、TQMといった、製造業において発展した手法を勉強しています。

プロフィール

役職 准教授
学歴 東京大学大学院医学系研究科, 保健学博士(生物統計学)
東京大学医学系研究科健康科学・看護学専攻修士
東京大学医学部健康科学・看護学科学士
職歴 北海道大学大学院医学研究科社会医学講座医学統計学分野 准教授 (現職)
北海道大学大学院医学研究科先端医学講座臨床統計学分野 准教授
北海道大学大学院医学研究科 北海道臨床開発機構 治験管理部 生物統計担当 特任准教授
北海道大学大学院医学研究科 北海道臨床開発機構 治験管理部 生物統計担当 特任講師
東京大学大学院情報学環・学際情報学府助手就任/東京大学大学院医学系研究科生物統計学助手兼任
研究の興味 臨床試験方法論、レギュラトリーサイエンス、多変量解析、統計的コンサルテーション
電話 011-706-5896
Email ito-ym(AT)med.hokudai.ac.jp
連携研究者

大野 浩太

Kota, Ono


プロフィール

役職 生物統計家
学歴 東京大学大学院医学系研究科, 公衆衛生学修士
東京大学医学部健康科学科,看護学学士
職歴 北海道大学病院 臨床研究開発センター 生物統計室(現職)
協和発酵キリン株式会社 統計解析担当 2009~2014年
研究の興味 変数選択法、因果推論、予測モデル構築、ベイジアンネットワーク
電話 011-706-5896
Email kota.ono(AT)huhp.hokudai.ac.jp
連携研究者

飯島 弘章

Hiroaki, Iijima


プロフィール

役職 生物統計家
学歴 MSc. (生物統計学)University of Toronto  
MPH. (公衆衛生学)京都大学大学院医学系研究科
BSc.(数学)University of Alabama at Birmingham
職歴 北海道大学病院 臨床研究開発センター 生物統計室(現職)
持田製薬株式会社 統計解析担当
研究の興味 バイオマーカー、ROC解析、混合モデル、変数選択法、因果推論、ベイジアンネットワーク
電話 011-706-5896
Email hiroaki.iijima(AT)huhp.hokudai.ac.jp